背景色  プリント用→

 
  since July 2007   

お知らせなど
 2017.02.12
 少し置屋さんからのお話もあるのですが、3月までは何もしません。
 

※他のサイトは現在使っておりません。私が使う場合はここからリンクします。
※お問い合わせの方、メールの受信設定に注意して下さい。
※当サイトへのリンクは構いませんが、内容のコピー・転載、配布等は禁止します。


≪問い合わせ≫
 
《はじめに》↑↑
 
 ここから見世だししたのは、とし愛(満期引退)、千賀美(引退)、ふく里(引退)、とし夏菜(現芸妓)、とし真菜(現芸妓)、美恵菜(満期引退)、とし智(引退)、千賀染(現役)ちゃんです。(2016.12現在)
 画像検索リンクは推薦したか、関わりの大きかった舞妓さん達です。私が推薦したのは、とし夏菜・とし真菜ちゃんだけで、他の人は単なる紹介です。
 

 2016年12月21日
 千賀染ちゃんが見世だししました
 思ったよりは可愛い舞妓が出来たので、頑張り次第で売り上げトップ3くらいまでに入ってくるチャンスはあるでしょう。
 
 
 2007年から2016年の間に、ここからの応募(自己応募含む)および推薦で仕込み採用が宮川町の8軒の屋形で計20名以上あり、そのうち8名が舞妓さんになりました。
 応募から見世だしまで、最長2年半以上かかっているので、ほぼ1年に一人の見世だしのペースです。
 駒屋さんにはここから7名採用(うち5名見世だし)されています。
 
 仕込みさんを欲しがっている宮川町の置屋さんに紹介を頼まれてはいますが・・今は特に事情がなければ紹介も推薦もしません。
 
 祇園甲部はつる居さんには「良い応募者があれば」とは言われているので、身近で飛び抜けた容姿の候補者が出てくれば推薦を考えますが、祇園甲部の体質はガチガチに古すぎて私はあまり好きとも言えず様子を見るのも面倒なので、よほどでないと多分推薦もしません。もし推薦することがあれば祇園一、京都一の舞妓を目指してもらいます。
 
 つる居さんにはすでに面接・研修を2名お願いしましたが採用には至っていません。
 育成担当のお姉さんとも採用についてかなりお話しましたが、正直なところ宮川町の方が楽で楽しいと思います。どうしても祇園甲部という応募者があれば推薦出来なくもありませんが、確実に祇園甲部のトップになれるくらいの容姿がないと話になりません。容姿の要求レベルは花街一高いと思いますし、相当気が強くないと祇園甲部は無理です。
 
 
 あと一人か二人だけ可愛い舞妓さんを祇園甲部のつる居さんと宮川町に一人ずつくらいは入れておきたかったのですが・・なさそうです。
 そろそろ来年度採用の応募も来る時期ですが、多分推薦はないと思います。
 
 連絡をするように言われた方、過去の応募の方等、連絡は≪問い合わせ≫からお願いします。
 その他、相談程度は受けます。